中田屋のこだわり

中田屋 看板



物物伝伝心心

dento_copy.jpg

昔も今も変わらずに

京都、松江とならぶ和菓子どころとして、全国に知られる金沢。中田屋は昭和9年に石川県鶴来町にて創業、昭和21年に現在の東山に移転、以来、お蔭様で「きんつばと言えば中田屋」と呼ばれ親しまれるようになりました。
市電

東山店
東山店は、観光地ひがし茶屋街にほど近く、風情のある落ち着いた店構えが特徴です。観光客のお客様の他、地元のお客様からも多くご利用頂いております。看板にも使われている中田屋のシンボルマークは、龍の絵柄に「憲」の文字をデザインしたものです。

これは創業者である先代「中田憲龍」の名前がその由来です。干支のあらわす意味は「正義感」と「信用」とされています。創業の気持ちを忘れずに、先代より延々と引き継いできた伝統の製法を大切にし、日々取り組んでおります。
創業者

艶やかな大納言小豆のつぶ餡

きんつば

中田屋のきんつばの、その特徴は半分に割ったときに見ることができる、艶やかなつぶ餡です。職人が大粒の大納言小豆の形を崩さないよう、丁寧に時間をかけてじっくりと炊き上げたものです。

四季の気候の変化が大きな北陸では、温度や湿度管理によって小豆の炊き方を変えるなどの工夫が必要です。こうして、小豆餡は職人の永年の経験と勘によって中田屋のきんつばに最適な状態に炊き上げます。

小豆餡

職人

伝統の技法を、ベテランと若手の職人が日々創意工夫しながら、「中田屋の味」として継承しています。また、変化する時代のニーズへの対応も心がけており、新たな商品開発に取り組んでいます。

ひとつひとつ丁寧に

じっくりと煮あげた餡を、舟と呼ばれる型に流し固め、四角く切って薄衣をつけ、一つ一つていねいに焼き上げます。厳選された素材と、職人による技が一つになって美味しさを引き立てます。
きんつば焼き

きんつば焼き
食べて美味しく、見ても楽しめるのが和菓子です。その美観を損なわないよう、外観の隅々まで注意を払い美しく仕上げます。

化粧箱に商品を詰め合わせ、包装して、のしをかける。こうした仕事のひとつひとつを、手作業で行います。お菓子をご購入いただいたお客様に、お喜びいただけるように、丁寧な商品作りと、真心のこもったおもてなしを常に心がけています。
包装作業