中田屋のこだわり

北海道



物物伝伝心心

素材へのこだわり

北海道産極上大納言小豆

小豆は、北海道の農家との契約栽培によって、丁寧に育てられた上質な極上大納言小豆です。小豆餡の高級原料として最適な最高品質の小豆です。

大納言小豆

大納言小豆

契約農家では、上質な豆の育成にとって大変重要な、土作りからこだわって育てており、豆そのものの味が、しっかりと生きています。

小豆は、7月末~9月頃小さな黄色い花をつけます。開花期間は大変短く、花はすぐ枯れてしまいます。小豆1株には30~40のサヤがつきます。 そのサヤには6~9粒の小豆が入っています。

大納言小豆

小豆の「にお」を積んだ畑の風景は、北海道の秋の風物詩。「にお」とは収穫した豆類を天日乾燥させるために、刈った株を円錐形に重ねて野積みしたものです。
北海道

北海道
こうして収穫した大納言小豆は、普通の小豆よりも大粒で、糖分が多く味がしっかりしています。また、煮くずれしないことも、中田屋のきんつばにとって大切な要素です。

小豆はビタミンB1、食物繊維が豊富で、疲労回復、肩こり、筋肉痛、だるさや夏バテなどに効果があります。皮にはサポニンを含んでいるので中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあります。
大納言小豆

丹波寒天

和菓子の素材として欠かせないのが「 寒天」。中田屋は京都府丹波地区の、「丹波寒天」を使用しています。伊豆をはじめとした全国の産地から集めた天草を、昔ながらの製法で作ります。
寒天

寒天
晴天の下で干された寒天は、夜と日中の温度差が大きなこの地方特有の天候が、良質の寒天を作り出します。美しい風土と厳しい気候が育んだ一級品です。

昔ながらの伝統の技と技法で作り上げた、丹波寒天は粘りが強く、保水性にも優れており、和菓子の素材としても最適で、中田屋のきんつば作りには欠かせない素材です。
寒天

能登大納言小豆・能登栗

中田屋では「五郎島金時」「能登大納言小豆」「能登栗」など、地元石川県の優れた食材を活用。安全で安心して、美味しくお召上がり頂けるよう地元の生産者と協力し、商品開発に取り組んでいます。

能登栗

能登栗

能登半島は、海からの潮風とミネラルを豊富に含んだ土壌が特徴です。能登半島の恵まれた大地によって育まれた「能登栗」。その独特の風味は、高級和菓子の小豆餡に最適とされ重宝されています。

この能登栗を贅沢に使用した特選きんつば「毬栗(いがぐり)」は、こし餡と栗の割合が程好く、秋の味覚を満喫できる人気商品です。9月中旬から12月中旬まで、季節限定販売として、大変ご好評頂いております。

毬栗

五郎島金時

五郎島金時

日本海に面した五郎島村地区は、犀川の河口にあり良質のさつまいもの成育に最適な砂丘地です。「五郎島金時」は、加賀野菜を代表するブランドとして全国的にも有名です。

五郎島金時の特徴は、粉質であるため型崩れしにくく和菓子の素材に適しており、甘味も強く「蒸かし芋」「焼き芋」でも大変美味しく召し上がれます。一度、この味を覚えたら他のさつまいもでは物足りなくなると言われる美味しさです。

五郎島金時

金とき

この五郎島金時を使用した、きんつば「金とき」は、限定商品として物産展や催事会場にて販売しております。※通信販売、オンラインショップではお取扱いしておりません。