江戸時代、「きんつば」はその計上と色から「ぎんつば」と呼ばれていました。それから間もなく、銀より金の方が縁起がよいとの理由から、「きんつば」と呼ばれるようになったのです。

きんつばで応援!

新着応援ムービー

笑いあり、涙ありの応援ムービー公開中!

[第10回]星稜高校 サッカー部

北陸放送(MRO)

>>>12月21日(日)放送